メディカルHR協会オフィシャルサイト
メディカルHR協会オフィシャルサイト
なぜ脱毛するの?
正しく脱毛するために
男性も脱毛する時代に
最新の医療脱毛
Twitterで共有する
Lineで共有する

POINT 04医療減毛レーザー機器の最新情報

効率的で安全な脱毛を受けていただくために、
最新の「医療レーザー減毛」機器についてご紹介します。

最新の医療レーザー減毛機器
「LightSheer® Duet™」

効率的な脱毛で高い満足度。

「LightSheer® Duet™」は、肌の表皮を保護しながら脱毛処置を可能にする
ETハンドピースとHSハンドピースの2種類のハンドピースを用意しています。
これにより、一人ひとりの肌や体毛のタイプにあわせて、施術範囲やレーザーの強さなどを
細かく調整して施術できるため、満足度の高い脱毛効果が得られます。

「LightSheer® Duet™」をオススメする3つの理由
レーザー照射による痛みを最小限に抑え、快適な脱毛処理を行う。
従来の光・レーザー脱毛で起こっていた肌トラブルの軽減と高い安全性。
従来の機器よりも施術時間を短縮し、脱毛処理をスピーティーに。

これらの最新技術を搭載した医療レーザー減毛機器である「LightSheer® Duet™」(株式会社日本ルミナス)は、多くの医療機関で採用されています。

「LightSheer® Duet™」の特長

厚労省認可の医療機器。

「LightSheer® Duet™」は長期的な減毛を目的とした医療機器として、
2020年1月に厚生労働省の承認を取得しています。

販売名
LightSheer Duetダイオードレーザシステム
承認番号
30200BZX00004000

独自の技術で痛みを最小限に。

肌を吸引しながらレーザー照射できる独自の吸引アシストシステム搭載の「HSハンドピース」は、皮膚に含まれるメラニンの影響を最小限に抑えることで、低いエネルギーで効率よく毛包周囲組織にダメージを与えます。さらに人間の脳メカニズムを利用し皮膚の感覚を刺激*することで、レーザー照射時の痛みを感じにくい施術ができるようになりました。

*High-Speed Integrated Technology (HIT™)採用。

不快感も肌トラブルも軽減。

狙った部分をピンポイントでレーザー照射できる冷却付きの「ETハンドピース」では、ChillTip™コンタクトクーリング技術により、皮膚を圧迫・冷却することで従来の脱毛処理にありがちな不快感を軽減します。

医療脱毛に関する「良くあるご質問」

医療脱毛を行う場合、どれくらいの間隔で通院すれば良いですか?
男性のヒゲのような発毛の周期が短い場所の施術に関しては、2週間程度の間隔を空けて処置を行います。
発毛の周期が長い場所の施術に関しては、1ヶ月以上の間隔を空けて行うと効果的です。
医療脱毛を行う場合、事前に気をつけておくことはありますか?
ワックスや毛抜きなどの毛を引き抜くお手入れは、最適な治療の妨げとなる可能性がありますので、医療レーザー減毛の処置を行う部分の事前のお手入れは、剃毛にしてください。
また、日焼けしている部分にレーザーを照射すると、皮膚に含まれているメラニンに反応して熱傷を起こす危険性が高くなりますので、日焼けにはご注意ください。
医療脱毛を行ったあと、気をつけておくことはありますか?
医療レーザー減毛を行った当日は、入浴せずシャワーのみで済ませてください。
施術を受けた部分には日焼け止めクリームを塗り、直射日光を避けてください。
痛みやほてり感、痒みがあるなど異常を感じた場合は、すみやかに医師にご相談ください。